中国進出.COM 北京に特化した中国進出専門サポート


  会計記帳代行サービス


  毎月の煩雑な会計記帳を代行致します。

 中国公認会計士の資格を持ったスタッフが貴社の会計業務をサポート致します。

 Grandslam会計記帳代行サービス

  1,500元/月~

  月次会計処理


 中国では月次で会計処理をして、毎月営業税、個人所得税を納税しなければなりません。
毎月、経費として使ったお金を清算します。ここで経費処理できるのは正式な領収書のみが経費処理可能です。人件費、家賃、光熱費、交通費、広告費、交際費などの経費をまとめて会計士に渡します。それをもって会計士は帳簿をつけて、領収書をまとめ、納税額を計算します。 通常、月次で「B/S」「P/L」を作成します。

 弊社ではこの財務諸表を中国語のもと日本語のものを両方ご用意します。一般的な小規模な会社であれば代理会計処理サービスは 1500元/月からご提供しております。

  まず、営業税ですが、こちらは毎月の売上高に対し5%が課税されます。例えば、当月の売上げが10万元だとしたら営業税は5000元ということになります。 この売上げとは要するにどれだけ「領収書」を出したか、また銀行送金を受けたか、小切手などを通じて口座に入金されたかによって算出されます。

  次に個人所得税ですが、これは給与額に応じて課税率が変動します。累進課税方式です。最大で45%課税されます。

  これらの税金を会計士により「納税申告書」に記載し、それをもって毎月10日前後までにメインバンクの口座から支払うことができます。 会社内部で自身で会計資格をもった人材を雇用して処理させてももちろん問題ございません。それは費用対効果で考えればよいと思います。

 また、中国も労働法がどんどん厳しくなってきているので、初期の段階ではあまりやみくもに人員を増やすのはリスクが増えるので控えたほうがよいと思います。 アウトソーシングで解決できることであれば、なるべくそれを利用するのも一つのリスクヘッジになるのではないでしょうか。



  会計記帳代行サービス価格表


会計サービス
価 格
資本金入金後の験資報告書作成
3,500元/回~
記帳代行
1,500元/月~
決算書(財務報告)作成
応相談

 

 

中国会社設立・起業のGRAND SLAM
 

■  お問合せ 

 中国進出というと不安、不信、不満がつきまといますが、そんなお客様の“不”を一緒に解消していけたらと考えております。まずはお気軽に ご相談ください。




メールはこちら→china@grandslamchina.com


代表者 
平田 佳寿雄


▲ページのTOPへ